借用書の書き方。

借用書の書き方

借用書の書き方、雛形、書式など

借用書の書き方

借用書の書き方です。
借用書とは一般的な呼び名で、正式には金銭消費貸借契約書といいます。
借用書は市販の雛形、書式、フォーマットもあります。
しかし、市販の借用書の雛形、書式が必ずしも借用書を必要としている方の状況に合った内容とは言い難いのが実情です。
ただ、書式、フォーマットを参考にするのには非常に役立つのではないでしょうか。

借用書の書き方については、決まったフォーマット、というものは特に定められていません。

借用書に書く内容としては、以下のようなものを記載するようにします。

1.標題 「金銭借用書」など
2.金銭を貸した日付
3.貸した金額
4.返済日
5.返済方法
6.利息の年率
7.遅延損害金
8.貸主、借主の氏名と住所(連帯保証人がいれば、保証人の氏名と住所も)
9.貸主、借主、連帯保証人の署名と捺印

簡易な借用書であれば、
いつ、いくらのお金を借り、それをいつまでに返済する
と記載し、貸主と借主の氏名、住所を書きます。
氏名、住所は、直筆で署名でしてもらい、また押印、もしくは捺印をしてもらうことになります。

しかし、お金というのは後日トラブルになりやすい性質をもっていますので、可能な限り、正式な借用書、もしくは公正証書を作成することが望ましいでしょう。

次に借用書の書き方、雛形、書式を見てみることにします。

次の記事 ⇒ 借用書の書き方、雛形

⇒ 楽天市場で借用書の書式が購入できます
(在庫状況はクリックしてご確認ください)


 

借用書

借用書の書き方や関連知識をまとめて、掲載しています。

借用書 カテゴリ一覧

広告