公正証書のメリット。

公正証書のメリット

借用書と公正証書、どちらが良いか

借用書より効果のある公正証書

公正証書のおさらいです。

確実に貸したお金、金銭を返してもらいたい場合に大きな力を発揮するのが、公正証書です。

信頼してお金を貸したのに、返してもらおうと思ったら全然連絡がつかない。
すぐ返すから、といわれ続けて早1年・・・
よくある話ではないでしょうか。

確実にお金を返してもらうには、借用書よりも、法的に効力のある公正証書のほうが良いでしょう。
公証役場で公証人に契約内容を書面にしてもらい作成する公正証書の一番のメリットは、強制執行ができるということではないでしょうか。

一般的に、当事者同士が署名・捺印しただけでは、借用書などは法的な強制力はもちません。
返してもらわないと困る、とまずは口頭で督促。
そして次に内容証明郵便・・・その後裁判などを行い、勝つことが出来ればようやくお金を取り戻せます。
しかし、そこにいたるまでには非常に気持ちがすり減ってしまうはずです。
お互いの信頼関係もズタズタになるでしょう。

しかし、公正証書を作成することで、裁判に勝ったのと同様の効力を手に入れることが出来ます。
それは、公正証書に、「金銭の返済が出来なくなった場合は、強制執行を受け入れます」という内容を入れることです。
こうすることにより、万が一返済されなかった場合に、強制執行を行うことができます。
結局後で裁判になり、弁護士に依頼して取り戻したお金よりも費用がかかった・・・となるのを考えるのであれば、最初から公正証書を作成しておくというのも良いのではないかと思います。

事前に、契約内容の原案を作っておく必要があり、作成には、当事者が公証役場に行かなければならないなどと手間はかかりますが、確実性の高い公正証書を作っておくことで、貸した金銭は確実に回収できる可能性が高まります。

また、強制執行があるということで、お金を借りた人も、しっかり返さなければ、という気持ちになることも期待できます。

金額の大きな貸し借りであれば、借用書よりも公正証書を作成する方が色々な意味でメリットが大きいといえます。

次の記事 ⇒ 借用書はなぜ必要か

⇒ 楽天市場で借用書の書式が購入できます
(在庫状況はクリックしてご確認ください)


 

借用書

借用書に関した情報を掲載しています。

大きい金額を貸す場合には、万一に備えて、借用書よりも公正証書を作成した方が安心といえます。

借用書 カテゴリ一覧

広告