借用書とは。

借用書とは

借金を貸す、借りる どの立場であっても借用書を作成しましょう

借用書とは

借用書(金銭借用書)とは、一体なんでしょうか。

借用書とは、契約書の一種です。
これは、お金を貸す人(貸主)がお金を借りた人(借主)に対して借金を返済しない場合に備えて作成するものです。
万が一、に備えて作成することが多いと思います。

お金の貸し借りで一番難しいところは、「借用書を作るとは、親友の俺を信用していないのか!絶対に返すといってるじゃないか!」と困ったことに逆切れされて人間関係がおかしくなってしまうことがあります。
しかし、お金を借りる場合は、割り切って借用書、もしくは公正証書などを作成する方が良いはずです。
立場が変わって、もしお金を貸す方になったとしたら・・・不安なはずです。
知り合いに借金をしにくる、という事は、一般的には金融機関から相手にされない状態と認識されます。
相当お金に困った状態だ、と受け取られてしまいます。

そういう相手にお金をドンと貸せるほどの人は少ないはずです。
お金を返してもらえない可能性が高い相手にはやはり、貸しにくいのです。
(銀行も貸し倒れの可能性が高いところには融資をなかなかしませんね)

借用書には、「私は何年何月何日、お金をあなたから金○万円借用しました」と明記します。
また、借用書には、借りたお金をいつまでに、利息をいくらつけて返済します、ということも明記することが多いです。

借用書を作成する際には、貸主側が主導権をもって作成することが大切です。
貸したお金が戻らなくて困るのは、貸した人ですから。

なお、貸す金額が大きい場合は、借用書ではなく、それよりも効力の強い「公正証書」を作成した方が安心です。
公正証書は、お金を返済しない場合には、「強制的に財産を没収される手続きをされてしまいます」という文言が入ります。
つまり、お金の回収できる可能性が高くなるといえます。

借金。
様々なケースが考えられますね。
親と子の間での借金。
従業員の借金。
夫婦間の借金。

夫婦間でお金を貸し借りし、(名義を妻名義、夫名義にするためなどで)住宅や土地を買う頭金にするために借用書を作成する場合、借りた方に返済法力があり、実際に返済が実行されているかどうかが非常に重要となります。

借用書と入っても、物品の借用書などもありますね。
ネットで検索すると、借用書の雛形、書式、フォーマットをダウンロードできるところも無数にあります。
当サイトでも、借用書の雛形、書式、フォーマットをダウンロードできるところをいくつかピックアップしてご紹介しています。

借用書の書き方には、可能な限り注意を払い、貸主に不利にならないような内容の書き方にする必要があります。
自分で書き方、借用書の書面の作り方などが分からない場合、少々複雑な経緯があって借用書を作ることになったなどの場合や、無効となる借用書は絶対に作りたくない、という場合は、やはり専門家に相談されるのが一番かと思います。

次の記事 ⇒ 借用書より効果のある公正証書

⇒ 楽天市場で借用書の書式が購入できます
(在庫状況はクリックしてご確認ください)


 

借用書

借用書に関した情報を掲載しています。

借用書とは、金銭消費貸借契約とはなど。
ネットで検索すると、借用書の雛形、書式、フォーマットをダウンロードできるところも無数にあります。

借用書 カテゴリ一覧

広告