借用書とは。

借用書とは

借用書について

借用書とは

借用書とは、お金を借りた人(借主)が、貸主からお金を借りたことを証明するものです。
一般的には、借用書と金銭消費貸借契約書は同じという認識ではないでしょうか。

しかし、借用書金銭消費貸借契約書には違いがあります。

借用書は、借主のみが署名、捺印をします。
金銭消費貸借契約書は、借主と貸主の双方が署名、捺印をします。

お金を貸す際、借用書がないともし後日「お金なんか借りていない」といわれた際に、もし貸し借りが当事者のみしか知らなければ、お金を貸していたことを証明するのが非常に難しくなってしまいます。

お金の貸し借りは、民法上、金銭消費貸借契約といわれ、「実際にお金の受け渡しと、返還の約束」があれば口頭でも成立するとされますが、証明は難しいことになります。
口頭ですと、証拠がありませんのでやはりお金のやり取りの際には、証拠をしっかりと残すことが、後々のトラブルを防ぐことにもなります。

次の記事 ⇒ 金銭消費貸借契約とは

⇒ 楽天市場で借用書の書式が購入できます
(在庫状況はクリックしてご確認ください)


 

借用書とは

借用書に関連する用語を簡単にまとめて掲載しています。

借用書とは、お金を借りた人(借主)が、貸主からお金を借りたことを証明するもの。

借用書は、借主のみが署名、捺印をします。
金銭消費貸借契約書は、借主と貸主の双方が署名、捺印をします。

借用書 用語 カテゴリ一覧

広告