金銭消費貸借契約とは。

金銭消費貸借契約とは

金銭消費貸借契約について

金銭消費貸借契約とは

金銭消費貸借契約とは、お金の貸し借り、ローンなどのときによく聞く言葉ではないでしょうか。
一般的には、金融機関と住宅ローンなどの借り入れについて結ぶ契約のことで、住宅ローン契約などともいわれます。
この場合は、抵当権を設定し、返済不能になったときなどのことを取り決めしておきます。
(抵当権について解説したサイトはこちら ⇒ 抵当権とは

また、個人間などでも金銭の貸し借りをする際に、お金を借りた方(借主)は、一定期間後に同額、もしくは利息をつけて借りたお金に相当する金銭を返還することを約束したものです。

つまり、お金の貸し借りを契約したものを金銭消費貸借契約といいます。
金銭消費貸借契約には、金銭が貸し出された日付を明記し、利息、利率、計算期間、支払い期間なども明示します。
その他、様々なことを記載することになります。

ちなみに、金銭消費貸借契約書は、借主と貸主の双方の署名が必要です。
借用書は、借主のみの署名となります。

金銭消費貸借契約は市販の雛形、フォーマットもありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の記事 ⇒ 公正証書とは

⇒ 楽天市場で借用書の書式が購入できます
(在庫状況はクリックしてご確認ください)


 

金銭消費貸借契約とは

借用書に関連する用語を簡単にまとめて掲載しています。

借用書とは、お金を借りた人(借主)が、貸主からお金を借りたことを証明するもの。

借用書は、借主のみが署名、捺印をします。
金銭消費貸借契約書は、借主と貸主の双方が署名、捺印をします。

借用書 用語 カテゴリ一覧

広告