公正証書とは。

公正証書とは

公正証書について

公正証書とは

公正証書とは、法律の専門家である公証人が法令に従って作成する公文書。
借用書よりも、非常に強い証明力をもちます。

貸すお金が大きいのであれば、やはり返済されないことを避けるためにも、公正証書を作成した方が良いのではないかと思います。

なぜ借用書よりも強いか、というと公正証書の内容に、「返済が出来ない場合は、強制執行を受けても文句はない」と一文を入れておけば、裁判をせずに強制執行手続きをとることが可能です。
また、こういった強制執行があるために、お金を借りた方も、「最後は強制的に返済になるのだから、頑張って返済しよう」ということにもなりやすいはずです。
(借用書だけでは、強制執行はできません。裁判による判決も必要となり、時間が必要です)

ですので、貸す金額が大きい場合には、本物かどうかの確認が必要となる借用書よりも、公正証書を作った方が良いケースが多いようです。

また、例外的に公正証書による契約書でなかれば効力のないものもあり、事業用借地権の設定契約などがそれに当たります。

詳しくは、最寄の行政書士にご相談されるのが良いでしょう。

公正証書を作成するには

公正証書を作成するには、公証人役場へ行きます。
貸主、借主本人ともに出向くことが必要です。
保証人がいる場合は、保証人も全員で行くこととなります。
あらかじめ、契約書の原案を作成しておくと良いでしょう。

また、本人であることを証明するために、印鑑証明などをそろえて持っていくことも必要となります。
公正証書を作成する場合には、素人だけで作成するのではなく、専門家である行政書士に相談すると、より効力のある公正証書が出来上がるのではないかと思います。

なお、行政書士に公正証書作成を依頼することも可能です。
置かれている状況にあわせて、自分達で公正証書を作成するか、依頼するかを判断すると良いのではないでしょうか。

次の記事 ⇒  念書とは

⇒ 楽天市場で借用書の書式が購入できます
(在庫状況はクリックしてご確認ください)


 

公正証書とは

借用書に関連する用語を簡単にまとめて掲載しています。

公正証書とは、法律の専門家である公証人が法令に従って作成する公文書。

借用書 用語 カテゴリ一覧

広告