念書とは。

念書とは

念書について

念書とは

念書とは。

念書とは、念のために書く、ものです。
文字の通りですね。
通常、一方が相手に対して何か義務を果たすという約束として差し入れる文書、とされています。

しかし、約束をした当事者同士が、どのような関係でどのような経緯で念書に至ったのかが明らかでない場合が多く、一方的な面でしか分からないことになります。

ちなみに、借用書の標題を書く際に、念書と書く場合もあります。

念書は法的な威力は、契約書よりも弱いとされます。
より効果のある文書を作成するのであれば、当事者の権利関係、利害関係、合意内容などをはっきりとさせた契約書を作成するのが良いのではないでしょうか。

次の記事 ⇒ 借金の消滅時効

⇒ 楽天市場で借用書の書式が購入できます
(在庫状況はクリックしてご確認ください)


 

念書とは

借用書に関連する用語を簡単にまとめて掲載しています。

念書とは、通常、一方が相手に対して何か義務を果たすという約束として差し入れる文書、とされています。

借用書 用語 カテゴリ一覧

広告